読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

アカウントが乗っ取られたって?

先ほどツイッターから、アカウントが乗っ取られた可能性があるのでパスワードを変更してくださいとの通知がきた。

????????である。私のアカウントが何の役に立つんだ? アクセスも驚異的に少ないのに。わけわからん。

 

というわけで面倒なので、パスワードを変更したあと削除退会した。やれやれ。

 

このブログも気が向いた日に終わろう。我ながらなんのためのブログかもわからないつまらん使い方してるし。

 

それでも、ツイッターとこのブログを読んで下さった方がおられて、ほんとにほんとに嬉しかったです。ありがとうございました!♪

 

アメブロの、「社)なぜぼくらはおいていかれたの」というブログだけは、続けていきますので、もしもお気がむかれましたら、のぞきに来てください。

 

ではでは、皆様のご健勝とご多幸をお祈りしています♪

まったくな日々

パソコンがとうとうメールの送受信が出来なくなった。件名は受信するのだが本文が出ない。当然返信も送信もできない。

癇癪起こして森の茂みにでも捨ててしまいたいところだが、それなりに自分には重要なメールのやりとりもあるので、先だってあれこれのサポートさんに助けを求めてなんとかすることを試みた。

ほんとに一日かけて、スマホにメインのアドレスが着信なるようにした。といってもパケットだかロケットだかの代金が結構高額だというので、一時間に一回そのアドレスが入るようにした。これでいいんだかなんなのだかわからない。それでも一応メインアドレスの中身は読めるようになったので、ま、いいか、と己を慰めている。

 

この記事だって送信するところまでできるかどうか////

 

 

おばあちゃんこと継母いわく

掃除人の仕事、結構体力使うししかも四時間立ちっぱなし(洗濯物をたたむときはカーペットを敷いた床に座っての作業になるのだが、私は殆ど座らず立ったまま棚をたたみ台にして作業をする。このほうがたたんだ衣服をどんどん各自の棚に入れていけるので早いのだ。床に座ると、立つとき「どっこらしょ」状態になるので時間のロスが出る。

 

というわけで、それなりの重労働感があり、帰宅したら大急ぎでおばあちゃんのお昼ご飯を作るし、それらが終わり一応一段落すると、私は椅子から立ち上がるのもいやってほどになってしまう。

 

さて、そんなであるが、先輩の女性お二人から今日もほめていただき、それをおばあちゃんに嬉し気に話したら、おばあちゃんいわく。

「掃除婦の仕事なんてやり手がいないのに、和恵さんみたいに喜んでやる人は貴重だからおだてておくのよ」。

 

これを聞いて私は内心言い返した。

『おぬし、私に恨みでもあるのか』。

 

これをケアマネさんに話したら、「さすが梅おばあちゃん、よく世間を知っている」だって。

 

結局私はこういうふうに、誰かにほめてもらったことがない。コドクだ。

 

 

風、きたっ

 

私の日常、体調、おおむねどん底状態。

それでゆるんでいると、自分嫌いと自分ダメ人間というネガティブの渦がまく。

でも、一昨日、私が待っていた風が吹いてきた。

この風が自分にとってどうなるかは自分の責任であるし自分を示すものであるけれど、それはそれとして、これからを楽しく進むつもり♪

 

※別ブログのほうに、すごいネガティブ自分記事を書いたが、こう書ける気持ちが残っているということでよかった。がんばろ。

 

NHKアーカイブス この子らを世の光に

つい今、糸賀一雄の思想と実践として有名な、『この子らを世の光』を映像化した番組を観た。

障害者の存在を、”障害者世の光を”ではなく、”障害者世の光に”と気づき、実践をしてこられた糸賀先生と、それぞれの人格と思想を培いつつ、糸賀先生を支えともに歩まれた、池田太郎先生、田村一二先生の姿と思想と実践を追った何年も前の番組を紹介した番組である。 

 

『障害者と健常者がともに生きていける社会こそが豊かな社会である』を実践し続けてこられた糸賀先生と池田先生と田村先生。 私は若い頃保育の勉強をして幼稚園教諭をしていたので、知識として糸賀一雄の存在は知っていた。だがすっかり忘れていた。

そしてこの夏から介護施設の掃除人として働きはじめ、施設の仕事の研修の講義をして下さった先生が、『糸賀一雄』を大変尊敬されている形で話をして下さり、糸賀一雄の名前を出されたのだが、この瞬間、思わず、『あっ』と声をあげそうになった。

なんで忘れていたんだろう、というショックがあった。

 時間がないのでつらつら書くのは止めるが、ちょっと書き出しの題からずれるが、ひとつだけ書いておきたい。 

世の中にはさまざまな形で偉大な生き方をする人がいるものだと、胸がじんじんじんじんする。マザーテレサさんや宮城まりこさん・・・・・私にとって強烈な偉人は、先ごろ亡くなった多くの犬猫を救い続けられた千葉の『藤田美千子さん』。

 そしてこれから日本の、いえ、世界の偉人と誰もが認めるだろうと今思えてならないのが、小池百合子都知事である。そう感じる理由は、何をしたとか、どういう高い人であるとかということではなく、”魂の扉を開いて目の前の人や出来事をまっすぐに見れる人”だからだ。

 

”魂の扉を開いて目の前の人や出来事をまっすぐに見れる人”。テレビの中であるが、私は小池さんをこう認識した時、本物はこうやって顕われた! と思った。

真の偉人はこの点にある気がする。ガンジーもそうであった気がする。マンデラさんも。おそらくオバマさんも権力から離れられて以後、そう生きられるのではないか、と思う。

 

そうそう、もうひとつ書いておきたい。

『障害者と健常者がともに生きていける社会こそが豊かな社会である』

の中に、犬や猫たち身近な動物(ほかの動物は別の意味と理解がともなうのでここではこう書く)も入ることを願う。

 

 さ、犬の散歩をして、おばあちゃんのごはんだ。

 

docomoスマホのその後

猫のポクちゃんに起こされてしまった。そこで一個記事を書いておくことに。

 

前にぼやいたスマホの件だが、結局、☎だけとしてしか使えない。あまりのことに、ちょっと遠い町のdocomo店に行ってご教授をお願いした。

「ポストに入っていたラクラクスマホのチラシを見て、隣りの市のS市の大手スーパー内のスマホ店に行ったのですが、”このチラシのはよくありません。初心者の方にお勧めは絶対これです”と言われて購入したのですが、さっぱりわかりませんで困っています」と言ったら、対応して下さった女性の方は、「これが絶対と言ったんですか」と首をひねりつつ、「待ち受け画面がこれでは初心者さんにはとても難しいので、わかりやすい待ち受けにしておきましょう」と言って、☎、電話帳、メール、アプリなどが押せばいいような画面にして下さった。

「わっ、これ、わかりやすい!」と喜んだ私、『有能な店員さんに会えてよかった♪』と帰った。

 

ところが、なぜかメールが使いづらく結局使えないまま。(電話帳の携帯アドレス登録の方にはアドレス変更のお知らせを送ったが、あれは遠くの町の有能な店員さんにやってもらった。(ありがとうございました♪!)

とにかくこの事態にすっかり落ち込んでいる。

 

大手スーパーの店に最初に行った時、店の外の通路で2時間もかかって対応してくれた男性店員の説明がなんだか明確でない気がした上に、あと1分で製品をお渡しできますと言っておきながら、別の店員が、「あと2時間かかります」という展開を告げたものだから、私は怒りを露わにして翌日の予約をとって帰宅したのだが、その翌日の予約時間に、別の店員が対応して、また別のスマホを出し、「これがいい」と勧めてきたのだった。

でもいいと言っておきながら、それは、「電話でサポートができないタイプ」と言った。サポートしてもらえないとは初心者の私にとっていいはずがない。

 

とどのつまり、私はもともと馬鹿にされた客であった上に、前日の展開に怒りを見せた、その仕返しを受けての今のスマホ、ということになった気がする。・・・なんてひねくれたたことまで考えてしまって、トホホホのため息ばかりの出るスマホ展開である。

 

遠くの市の店の女性店員さんは、「これはちょっと難しいと思いますので、困った時はいつでも来てください」と言って下さったが・・・・・買ってすぐに宝の持ち腐れ状態にしたままになっている私のスマホ

 

それにしても、最初の店の外の通路で対応してきた店員が、やけに細かくこちらには重要な個人情報を聞いてきて、自分のタブレットに打ち込み、画面を見ながら、「ああ、これで全部わかりました」と言ったあれ、スマホ購入に必要だったことだったのかなぁ、大丈夫かなぁ~~~~~とそんなひねくれ心配までしてしまうスマホ

 

この顛末をトータルで見れば、結局、私の無防備さ、いいなりになった愚かさもまた問題だったんだよなぁ~~~~~、私の人生、こんなことばっかりだよ。自分にまったく!

 

 ※別ブログより転載

※最初の記事を少し書き直しました。

最近のニュースや自分の日常からメモ日記

■ボブディランさんのノーベル文学賞

平和賞ではいけなかったんだろうか。そのほうがぴったりくる。

 

■沖縄よ

土人て言われたんですね。どこまで私たちは無知で人でなしなのでしょう。・・・でも残念ですが、私たちの多くが、自分もまたこういう言葉を発するレベルであることに気づいていない。その無知と人でなしさを私は恥じているが、恥じても恥じても自分はその程度なのだと思い知ることが多くある。

 

■事件のもと

さまざまな凶悪事件が起こる。・・・私たちは、人や物事を見るとき、自分の魂を開いて見ているだろうか。自分の魂を自由にして人や物事に対しているだろうか。いいや、私の感じるところでは私たちの殆どは、人や物事を、自分の魂を利益や多数や損得という秤に売り渡してしか見てない気がする。

そこの場の権力の視線のままに人や物事を決めつけていく。・・・このことに多くが気づいて一人ひとりの魂が自由になって人や物事を見るようになったら、凶悪な事件はずいぶん少なくなるのではないか、とずううううっと思ってきた。凶悪な事件の殆どは、決めつけの檻に締め付けられた悲しみから発すると感じてならないから。

 

■寒くなってきた。また猫ちゃんが捨てられている

見た目はブスイ大人の白猫ちゃんはうちに入って生きることを選んでくれた。そして今、ほかの猫たちとうまくいくように、私は眠る時間を捨てて狭い家の部屋のやりくりや猫同士の軋轢を緩和させるためにどれだけ苦労しているか。こうした猫たちの不妊手術費用や医療費用やごはん費用の獲得のために、早朝から出る掃除人のパートの過酷に耐えながらである。

ほかにまだ子猫の三毛ちゃんもどこかにいる。親から離され慣れた住処から放られた三毛ちゃんの顔つきの哀しさ。なんとか家に入れてせめて飢えなく安心して眠らせてやりたいと心を痛めているが捕まらない。

 

平然とこちらの人権など踏みつぶして捨てていく人よ。私の辛さ、疲労の重さがわかりますか。わかるわけがない。あなたはそのあなたの口で、「戦争は反対」「思い遣りある社会を」「優しさが大事」と言い、自分に満足をしているのでしょう。たいしたもんです。・・・・・と、このように言ったり書いたりはするまいと何度も肝に銘じるのに、こうして自分の心の貧しさを晒してしまう私です。寂しい秋です。辛い秋です。

 

若い人が、寂しさに負けず自分の道を見つけることを、せめてせめて祈っている。死ぬな。殺すな。生きてほしい、と。