読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

江川紹子さんの栃木女児殺害事件の裁判に関しての記事

< ↓当ブログの管理人の思い>

裁判員裁判が施行されたとき、私は裁判員になる市民の人たちの感覚を不信している人間なので、大丈夫なんだろうか、と思った。不信というのは、その人たち個人個人を人間として信じられないということではなく、犯罪を犯す人たちに、自分の常識感覚にとらわれずに、心を開いて向き合えるものがあるのか? という点においてだ。

犯罪に関わりのない普通の暮らしの中ですら、人々の多くは多数や強者の打ち出す思考や流れに染まりやすく、自己の内面の視点を持たないまま誰かを排他したりしやすいではないか。

そのことを体感的に知っている私は、裁判員裁判に危惧を感じていたのだ。

 

biz-journal.jp