読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

6月5日の「真田丸」

継母が早く就床してくれたので、8時からちゃんと観れた真田丸

一話完結の形で歴史を勉強していってる感のある真田丸

今週も笑わせてもらった♪ 真田家の長男の苦労が可笑しくて可笑しくて♪ あの長男、よく出来た人ですよね。

 

それにしても北条氏政、馬鹿なんじゃなくて天才肌の武将なんですね。時局はわかっているんだけど自分の感性に固執して滅びの道を行く。シェイクスピア風に描かれていく氏政。愚かといえば愚かだけど相手があの秀吉だから可哀想だなぁと思いながら観た。