万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

新都知事決まったんですね

テレビも新聞も殆ど立候補者は三人だけだったかのような報道で、三人ともそれぞれに有能な方々だと思ったが、私がこういう社会になっていくといいなぁと切に望む思いの内で、”この人に投票したい”と決めた人は、この三人の中にはいなかった。(都民ではないので投票はできなかったのだが)

 

ここ長期にわたって苦しい状況が重くなるばかりであることもあってか、参院選の結果も含めて、社会の流れを知るにつけ、全てが腐った卵の中にいるような気がしてくる。

こういう時こそ、至らぬ自分であっても誠実に正直に生きていかねばなぁと思う。

 

なのに、何という寂しさか。己はこんなにも心身が疲れてふと気づくと不誠実で投げやりで、胸の扉に鍵までつけたくなっているではないか。

頭が悪く世間知らずで空気のよめない不調法者ではあるけれど悪気のないお人よしな私はどこへ行ってしまった?

 

それやこれやを思う選挙後である。