読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

K子さんに会ってきた

他県まで出かける体調ではなかったが、とにかく会って事態を知っておきたかった。心配でならなかったし。

 

とても安心した。たしかに事情は重いもので深刻な痛みのともなくものであろうと思ったが、彼女独特の強さが彼女自身を支えているし、ご親族も近くのご友人も既にK子さんにびくともしないものを注いでおられる。

 

私は今車のナビが壊れていて、行きも帰りも迷い迷いえらい目にあったが、気分はとても軽くなって帰ってきた。

大丈夫だ。

K子さん

 

自分の現実のしんどさにとらわれている私は、最初の電話ではあなたに起こった現実のむごさに気づかなかった。

 

二度目の昨日、やっとわかった。

そんなことが起こっていたなんて。

どんなに辛いでしょう。寂しいでしょう。

 

言葉も出せなかったけど、ひとつだけ言っておきたい。

世界中の世間が何を言おうと、私はあなたの味方です。

もしあなたが望むなら、賢しらな世間を、私が一手に敵にまわしてもいい。そういう世間と権力に、私は闘える人間であることを知っておいてください。

(涙)(涙)(涙)(涙)

(涙)(涙)(涙)(涙)(涙)(涙)

(涙)(涙)(涙)

 

 

相棒15はじまる

観た観た。楽しみにしていた。

なかなかよかったじゃないですか。

14で冠城さんがとやかくモンク付けられているのを見かけたけど、15はモンクのつけようないでしょ。存在感もドラマそのものへの影響力も確かで面白かった。ある時期ドラマを全く観なかったから、反町たかしという俳優を知らなかったんだけど、いい役者さんだなと思う。あの骨太さ、めったにない気がする。

 

「呪い殺人」というのは現実には能力的にそうはないと思うけど、殺人に等しい排除能力を持つ人間はいるな。そこそこ上のほうの力と地位をもっている人の中に多くいる。・・・ということは、そういう人間に標的にされる人もいるということだが、恐れることはない。たとえ殺されても、本気で許してしまえばいいことです。

ナアンチャッテ。実際は許すってそう容易いことじゃないですね。気づかないフリをするのも難しい。・・・じゃあ、ひたすら耐えるか。(笑)

 

 

 

本当は

介護施設に清掃のパートに行くようになって思うこと。

率直に言って体調的にはとてもつらい。食欲がおちて無理に食べようとすると気持ちが悪くなるぐらいである。

でも、楽しい。

朝職場につくと洗濯場に直行して、洗濯機をまわすことからスタートする。

洗濯機がぐるぐる回っている間にそこらを掃き、利用者さんの使ったものを入れる箱を作っておく。

それから館内1階、2階のゴミを回収。それを整理して、洗濯場に戻る。それから利用者さんのお食事の場、広い食堂にモップをかける。それが終わると、洗濯場に再び戻り、膨大な数のタオル類を使用する形にしていったり、やはり膨大な量の乾いた洗濯物をたたんでいく。

 

これらの作業中、黙々黙々と頭の内が果てしない自由を満喫する。これがとても楽しい。

もっと楽しいのは、ゴミの回収とモップかけの時に、行きかう利用者さんと会話をする、このわずかな瞬間がとてもとても好きなのだ。

多分晩年の夫と同じようなのだろう、認知症の利用者さんの何人かは、私を見ると、「おー、また会えた。えらいねー」と声をかけて下さるのだ。

「頑張れよ、頑張れよ」、「身体気をつけてね、よくやってえらいわね~」。

温かいまなざし。開ききった笑顔。清々しい心の色。

 

人間は、殆どの人がどろどろと生きて他者と闘い・・・・・このように戻って死を迎えるのか・・・孤独が魂までも岩のようにして窓の外を見つづける人も、その視線の先は、”光”に違いない。きっとそうだ。

 

私はふと、その場が、動物たちも交じって、そう最近死んだもんちゃんもきーちゃんもいて、そんなみんなと晴れ晴れとそこに迎えてもらっているような、そんな安らぎに満たされるのだ。

暮らしにこと欠くような貧しい時期を迎えてしまったことは、ひとつも不幸ではないのだ。こんな楽しい日がきた。

 

私は恐ろしい人間にもあってきて、人間が大っ嫌いだと思ってきたが、本当は人間が好きなのかもしれない。自分が出合った猫や犬やほかの動物と同じく。

 

 

 

 

 

スマホエレジー2 マジで自己嫌悪

 

昨日使えなくなった携帯をスマホにした。

このことでほんとう~に自己嫌悪である。とにかく店での購入手続きの時間のかかりように疲れ切り、もうその段階でスマホに関心を失くしてしまった。『なんなんだ、この時間の捨て方は!!! その代わりに何を得ようとしているのか??? 必要な通信のために、電話とメールさえできればよかったのに。私にはそれが分相応だったのに。こんなに経済が行き詰っているというのに、月払いとはいえ高価な買い物をしてしまう自分がほとほと嫌になった・・・(涙)』

 

こうした心情だけのことではない、ほかにももろもろ理由がある。これらの殆どは私がこうした機器類の操作をする能力も感性もないという結果だろうとは思うが、とにかくスマホにしてのを機にかえたメルアドを他の方々に伝えるということもできないのだ。

 

 

Fちさと様 新鮮なお野菜をいっぱい! ありがとうございました♪

昨日チルドが届いてびっくりでした。

Fさんこそ日夜捨てられた猫たちを救っておられて全てに大変なのに、こうして私などにも篤いお心づかいを下さり、申し訳なさと感謝で胸がいっぱいになりました。

ありがとうございます。昨日早速調理をしておいしくおいしくいただきました。私は野菜中心なので、新鮮なお野菜は命のもとです。とても嬉しかったです。

 

とはいえ、大変な日常をおくっておられるFさんにこんなご心配をかけてしまって、自分がグダグダと貧乏と闘っているブログを書いたことを反省しています。(汗)

私の自虐つぶやきは、いわば自己ビタミン剤なんです。こうやって普段の暮らしの疲れなどをカツリョクに替えるというか。

そんな自分の独善が毎日猫ちゃんの命と心を掬い上げておられるFさんに、こんなご心配をかけてしまった・・・・・・すみません、ごめんなさい。

でも本当に嬉しかったです。孤独感からも癒されて、明るい気持ちになりました。

ほんとにほんとにありがとうございます!!! マオ(佐々木和恵)

docomoエレジー

携帯がいよいよ使用不可となって、『もう携帯持たない生活にしようか・・・』と思うんだけど、それでもあれば何かと便利だし・・・・・と迷いに迷っていたところにdocomoの広告がポストに入っていた。

スマホが月々2880円。678円でご購入いただけます。とのこと。

『え? スマホが678円でカエル? 月々2880円でいい?』・・・昨日、疲れた心身を鞭打って下妻の大手スーパー内のdocomo店舗に出かけた。

 

長々とアンケートやら個人情報提供をして、よく頭に入らない説明を聞いて、あと15分、1分と言われながら待っていると、担当者が変わられて、「あと一時間はかかります」と言う。

「うそでしょ!!! もお無理!!!」と半ば悲鳴。継母を待たせての二時間近くの説明と購入意思を決めてのあと一時間はないでしょ。何度も病人がいるので、と諦めかけたのを引っ張り、とどのつまりが、プロバイダに問い合わせウンヌンウンヌンにさらに一時間はかかるとは???!!!

 

一応明日(今日)の朝に続きの予約を入れて帰宅したのだが、病人におなかをすかさせて私は何を欲張っているんだと、自分の広告につられた欲張り未練がましい根性が涙がにじむほど嫌になった。

docomoにもこんなに馬鹿にされる有様になってしまっている自分なんだなぁ・・・・・・・』という思いもわいてきて、夕やみに暮れた町を、一層の疲労に押しつぶされそうになりながら、トボトボトボトボガタガタガタガタと車を走らせて帰宅したのでありました。

 

スマホはいいや。やめる。分不相応だったんだ。

携帯もやめるか・・・・・・と自問自答する今朝であるが、おばあちゃんの介護のなかで携帯がないのはやっぱり不便だしなぁ・・・ここは嫌な気分はさっぱりと切り替えて、一番安価な携帯にするか・・・あぁあ、外はまだ暗いや、もうひと眠りしよう。

(※自分の別ブログからの転載)