読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

都知事選に向き合う小池百合子さんの素敵さ

※↓のように書いているのですが、その後知事選の中で発言されていることをテレビでお聞きしていると、小池さんの人間観、目指されていることに不安を感じることが見受けられるようになっています。

そのことを追記しておきます。(2016年7月25日)

 

 

テレビを観ていると、小池さんに関して、好きくないらしい感情をもってネガティブな感想を述べる人が結構いる。例えば、彼女がやるべきことを自分で決め、さっさと発表したりすることを、「先走っている」「自分の欲のために必要なことを無視している」「都民のことより自分の利益を考えている」など。

 

私はそれを聞くたびに、小池さんは、”都民”のことを真っ先に考えているからこそ、ぐだぐだ方策やらなんやらにしがみついている既成のものを置いといて、自分の良心に従って行動しているだけのように感じるなぁ、と思うんだ。

その姿勢と魂は、都知事選に限らず、私たちにとても大事な真実の姿だ、と感じるんだ。

 

既成の流れのままに、準備や道筋を大切にして進めている人をダメと言ってるんじゃないですよ。それはそれで価値のあることとわかる部分ありますよ。

 

それやこれやは置いといて、小池さんの真っすぐさ、素敵です。