読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万魚の雑々日記

ドラマや映画や文学のこと、家の周りに置いて行かれたり福島原発事故後警戒区域になった町で出合い同居している猫たち犬たちのこと、要介護の継母のこと、自分自身のこと。・・・煩悩多きブログだが何か光のようなものも感じるままに。別ブログ「なぜぼくらはおいていかれたの」http://ameblo.jp/kaze-amb

夢の記述

枕もとで誰かが話している。ラジオだと夢の中で思っている。その一方で、誰かがいて寒いのを我慢しているように感じる。

自分は眠っていながら部屋が雑多になっているのを気にして、ああ、部屋が汚いままの中に人が来ている、布団をしいてあげなくては、寝られるようにしてあげなくては、その人は誰だろうと心配しながら思っている。そのくせ自分は寝たままであった。妙な不安感を持ちながら。